情熱ドライブ

Passion drives us!

人生を楽しくするのは情熱だ。情熱をもった人たちと一緒にいるのは楽しい。

新規事業の立ち上げや海外ビジネス展開に取り組む人を応援します!

情熱ドライブ

Passion drives us!

人生を楽しくするのは情熱だ。情熱をもった人たちと一緒にいるのは楽しい。

新規事業の立ち上げや海外ビジネス展開に取り組む人を応援します!

情熱ドライブ

Passion drives us!

人生を楽しくするのは情熱だ。情熱をもった人たちと一緒にいるのは楽しい。

新規事業の立ち上げや海外ビジネス展開に取り組む人を応援します!

情熱ドライブ

Passion drives us!

人生を楽しくするのは情熱だ。情熱をもった人たちと一緒にいるのは楽しい。

新規事業の立ち上げや海外ビジネス展開に取り組む人を応援します!

情熱ドライブ

Passion drives us!

人生を楽しくするのは情熱だ。情熱をもった人たちと一緒にいるのは楽しい。

新規事業の立ち上げや海外ビジネス展開に取り組む人を応援します!

  • 2021年5月8日
  • 2021年5月25日

キャリアプランの組み立てかた:要素の組み合せがカギ

転職について考えるときに、自分自身の強みを活かしたいとか、自分自身にとってプラスになるキャリアを選びたい、と考える人も多いだろう。でも、自分のキャリアについて、具体的に何を考えて準備したらいいだろうか? 進路相談をたまに受けることがあり、個 […]

  • 2021年5月6日
  • 2021年5月8日

新規事業の組み立てかた

新規事業を構想する時に、何を手掛かりに考えたらよいのだろうか? 前回の記事で紹介したようなバックキャスティングで目指すべき未来の姿 =「理想」から組み立てを始める人もいるだろうし、自社の現在のビジネス環境 =「現実」の分析から始める人もいる […]

  • 2021年5月2日
  • 2021年5月8日

開発コンサルタントを10年やってみて:これからの10年、どこを目指す?

開発コンサルタントと呼ばれる仕事を始めて10年になる。そもそも開発コンサルタントって何?という人が世の中の大半だと思うのでまずはその説明から。 開発コンサルタントとは、一昔前の言葉で言えば、”先進国”から”開発途上国”に対する援助プロジェク […]

  • 2021年5月1日
  • 2021年5月8日

「世界を平和にする!」を貫く海賊は、計画性があるようでない、行動しながら考える人

「やばくなったら前を見る。けど、先は見ていないです」 公認会計士としてキャリアスタート 大学卒業と同時に公認会計士という道を選んだ。とにかく何かスキルを身につけたかった、資格と会計士としての経験がほしくてチャレンジ。はたして一発合格。「一回 […]

  • 2021年4月29日
  • 2021年5月8日

田舎でもぜんぜんいける、というかむしろこっちの方が贅沢⁉︎

コロナでのリモートワークとしてのプチ移住から半年ほど経ち、本格的に東京から徳島の山奥にある上勝町に移住してみた。誰かに転勤せよ、みたいなことを言われたわけではなく、自分の意思で。「東京と比べて田舎での生活は実際にどうなの?」を比べてみた。 […]

  • 2021年2月22日
  • 2021年5月8日

リモートワークから徳島に半移住

コロナ前に行った最後のカンボジア&バングラ出張から、あっという間に1年が過ぎた。海外に行くことはなくなったけど、この1年はなかなか変化に富んだ年だった。 「リモートワーク」ってワードが急に身近になった1年。今から思えば、年間半分以上を海外出 […]

  • 2020年9月1日
  • 2021年5月8日

断絶か、交流か?コロナ後の世界のビジネスモデル

歴史の流れは一直線に変化するのではなく、揺り戻しを経験しながら過去から未来へと流れる。その変化とは、ある場所と別の場所を行ったり来たりする振り子のようなものではなく、変化しながら螺旋状に元の場所から少しづつ違う場所に進んでいくのだと思う。 […]

  • 2020年8月25日
  • 2021年5月8日

リモートワークとリアルな仕事

本格的なリモート生活の始まりから5ヶ月。今のところ仕事はオンラインで完結できている。 とは言え、このままずっとバーチャルな環境でずっと仕事が完結できるとは全く思えない。 リモートで大丈夫な部分と、リアルなものが必要な部分、その境目はどこにあ […]

  • 2020年8月15日
  • 2021年5月8日

時間的空間的自由

タイトルの「時間的空間的自由」とは、自分自身も運営に関わっていた海賊ライフのテーマ。当時も心的には自由ではあったけど、現実には会社員でもあり「空間的な自由」については、日本ではオフィスに縛られ、もどかしい気持ちだったのは事実… […]