Tomonori Wakisaka
AUTHOR

Tomonori Wakisaka

監査法人で6年ほど、外資系金融機関の会計監査・コンサルティングに従事。社会人経験も一巡したタイミングで、もともと志していた海外、特に途上国に携わる仕事にキャリアチェンジ。まずは国際協力(ODA)として平和構築やガバナンスの仕事をしてみた結果、援助ではなく対等のビジネスを通じて日本と新興国とのつながりを創っていきたい。今は、カンボジア(農業・食品)とバングラデシュ(人材育成)でビジネスの立ち上げ支援をしてます。夢は世界平和。努力した人が自分の人生を自分で選べるような世界をつくる!

  • 2020年9月1日
  • 2020年9月4日

断絶か、交流か?コロナ後の世界のビジネスモデル

歴史の流れは一直線に変化するのではなく、揺り戻しを経験しながら過去から未来へと流れる。その変化とは、ある場所と別の場所を行ったり来たりする振り子のようなものではなく、変化しながら螺旋状に元の場所から少しづつ違う場所に進んでいくのだと思う。 […]

  • 2020年8月25日
  • 2020年8月26日

リモートワークとリアルな仕事

本格的なリモート生活の始まりから5ヶ月。今のところ仕事はオンラインで完結できている。 とは言え、このままずっとバーチャルな環境でずっと仕事が完結できるとは全く思えない。 リモートで大丈夫な部分と、リアルなものが必要な部分、その境目はどこにあ […]

  • 2020年8月15日
  • 2020年9月1日

時間的空間的自由

タイトルの「時間的空間的自由」とは、自分自身も運営に関わっていた海賊ライフのテーマ。当時も心的には自由ではあったけど、現実には会社員でもあり「空間的な自由」については、日本ではオフィスに縛られ、もどかしい気持ちだったのは事実… […]

  • 2019年12月9日
  • 2020年9月4日

カンボジアの移動手段「トゥクトゥク」はスマホで予約:日本よりも便利な配車アプリでみる、途上国ビジネスのスピード感

途上国の生活は不便、そんな風に思っている方も多いと思います。 しかし、ここ数年で急速に普及したスマホを中心とするITサービスの分野では、日本よりも便利なサービスが広く普及していることもあります。 今回の記事では、カンボジアで、スマホのトゥク […]

  • 2019年12月9日
  • 2019年12月9日

中小企業が海外進出するためのステップ:オンラインでできる各国情報の事前リサーチ

海外進出の第一歩は、国選びです。でも、世界は広い。まずは現地に行くことは重要ですが、そもそもどの国を候補として視察すればよいのか悩ましい。 そこで、中小企業が海外進出を検討するための第一歩として、視察する国の絞り込み方をご紹介します。 今回 […]

  • 2019年12月9日
  • 2019年12月9日

バングラデシュ人材を活用する!技術労働者の供給国としての可能性

日本国内の人材不足が深刻化する中、労働力の担い手として外国人人材の活用も選択肢となっています。そして、外国人に求められるスキルも多様化しています。 職種によっては、単純労働が中心で、関連する分野の経験や知識などは不要といったニーズもある一方 […]

  • 2019年7月8日
  • 2019年12月9日

新規事業は長期的な視点から計画する:なぜ「バックキャスト式」思考が大切なのか?

“遠き慮りなければ必ず近き憂いあり” 論語の一節で「遠い将来のことまで考えずに目先のことばかり考えていると、近いうちに必ず困ったことが起こる」ということ。 今回は、新規事業の計画と実施をテーマに、長期的な視点の大切さについて紹介してみようと […]

  • 2019年6月20日
  • 2019年6月20日

課題解決には「交渉」ではなく「提案」を:Negotiator(交渉人)とMediator(仲裁人)の違い

人の価値観は多様だ。海外でビジネスをしようとすれば、日本以上に多様な価値観の中で生きていかなければならない。自分とは異なる考えの人と何かを成し遂げるには、相手への「働きかけ」が大切になってくる。 この「働きかけ」というのはニュートラルな響き […]